クラフトテープを使っている男性

負担を軽くする

遺品整理

遺品整理は本来遺族が行なうものとされてきた。家族のプライベートにも関わるため、家族が一番その整理に最適な人だからである。しかし、葬儀などに忙しい遺族の負担を軽くするためにも整理業者は活用され始めている。

ノウハウを利用する

片付け

処分に困る遺品も、遺品整理業者であれば長年の感覚できちんと整理することができる。不用品などの処理も依頼することができるので、こうしたプロのノウハウを便利に利用すれば負担も軽くなる。

信頼できる業者

お墓で手を合わせる

遺品整理業者を選ぶときにはいくつか基準があるので、把握しておくと良い。5,000ある業者の中から選ぶには、免許の有無や営業している年数を見ることで信頼度を計ることができる。

変化する時代

部屋片付け

人生には必ず終わりがある。
このため、死は人にとって何ら特別なものではないはずであるが、やはり今でも死に関連することには動揺と負担が大きくなるのは事実である。
葬儀のために生前から遺言状の準備をするということは珍しくなく、死を迎える前に生前葬という儀式を行なうなどということも近年では行われている。
しかし、いざというときは死に際してなんの準備もすることができない、ということもよくある。
突然事故で亡くなるというときは、その故人だけが知っていたり、手続きしていたりした細々としたことが一瞬にしてわからなくなってしまう。
近年では孤独死といって、身寄りのない人が自室でひっそりと亡くなるということも多くなっている。

そんなときには故人が使っていたものや部屋は全て片付けることになる。
まだ使えるものなどは形見分けとして遺族に分け与えられることになる。
資産以外のこれらのものは実に細々としており、中にはほとんど引き渡される必要もなく、不用品として処分するものも多い。
不用品として処分するときには、粗大ごみや家電、産業廃棄物などのようにそれぞれ特徴によって分けて処分しなければならない。
それを葬儀の後に行なうことに、心理的に負担を感じる人もいる。
そんなときには、第三者の遺品整理業者を利用することができる。
遺品整理業者は近年注目されている業者であり、プライベートな遺品の処分やゴミの処理を任せることができるとして需要も高い。